« 馬鹿三人組 | Main | 外務省は馬鹿か。朝日は中国の手先 »

June 05, 2004

実は石油大国、日本。そしてそれを中国が盗もうとしている。

尖閣諸島の問題、領有権だけが話題になっていますが、そもそも明確に日本のものであったのに、中国と台湾が領有権を主張し始めた理由は石油です。
この石油、埋蔵量がなんと1000億バレル以上もあるらしいです。
これは現在明らかになっている全世界の埋蔵量が約1兆バレルであることを考えれば極めて大量であることがわかります。

ところがこの油田が中国に盗まれようとしています。
この油田、大部分が日本の領域にあるのに一部が中国に位置しているそうです。そして何の相談も無く中国だけが採掘を始めるべく建設を始めました。年内には採掘が始まるそうです。
中国が採掘すれば当然日本側の油田も減少します。
こんな問題、全く日本のマスコミは報道していません。

年金問題でくだらない牛歩戦術をする暇があるなら国家のためにきちんと働いて欲しい。
高い給料もらっているんだからさ!

|

« 馬鹿三人組 | Main | 外務省は馬鹿か。朝日は中国の手先 »

Comments

コメントありがとうございます。
国会でのんきに揉みあいをしているのを見て、絶望感を味わいました。
何を牛歩なんかしとんねんと。

Posted by: lifeline | June 05, 2004 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23897/717420

Listed below are links to weblogs that reference 実は石油大国、日本。そしてそれを中国が盗もうとしている。:

« 馬鹿三人組 | Main | 外務省は馬鹿か。朝日は中国の手先 »